くせ毛対策:似ているようで全く違う、活かすか、無くすか

縮毛矯正

世の中に沢山のくせ毛対策がありふれています。

しかし、内容はなかなか整理されておらず、ごっちゃになってて分かりにくいものばかり。。

今回、くせ毛を「活かしたい」のか「無くしたい」のか、それによって対処法が変わってくるので2つに分けて説明していきたいと思います。

【くせ毛を活かしたい】

まず、くせ毛の特徴を掴んでいただきたいと思います。

①くせ毛はショートほどくせ毛弱まる。

②くせ毛はショートほど「手入れ」「スタイリング」が簡単。。おまけに「コスパがいい」(スタイリング剤の量・シャンプーの量・ドライ時間など)

図で説明するとこうなります☆

つまり、くせ毛を最適化すると「ショートヘア」になります。

だから、くせ毛の方にはショートヘアをおススメしています☆

 

もちろん、ロングがいいのであればロングで全然問題ないですよ( ̄▽ ̄)

ただ、ロングになるほど、くせは「強く」なるので、毎日のお手入れ(スタイリング・シャンプー・ドライ・ブロー・アイロンなど)が大変になります。

その辺りを覚悟していただければ、ロングでもくせを活かすことは可能です。

 

そして、くせを活かすにあたって、出来ればしておいた方がいいことが、「くせ毛カット」です。

くせ毛カットは、通常カットと違い「くせ毛をより扱いやすくする」ために考えたカットなので、同じカットをするのであれば、くせ毛さんは「くせ毛カット」にした方がいいといえます(>_<)

皆さんにカット方法をお話しても「へぇ~、、で、、w」ってなるのでお話しませんが「何で扱いやすくなるのか」って理由が2つあるのでお伝えします(^^;)

①くせ毛は「広がりやすく」量が多くみえてしまいがちである。

たとえ、くせ毛じゃない人と同じ毛量だったとしても。。。勘違いして闇雲に量を取ると悲惨なことになる。

よって、もちろん量も取るのですが、くせ毛は「メリハリ」をつけるコトが大事で、それにより圧倒的に「まとまりやすく」「扱いやすく」なります。

ここを理解していない美容師が切ると、単純にたくさん梳きを入れてしまうので、余計広がり扱いづらい髪になってしまう(^^;)

ポイントは「メリハリ」にあります☆

②馴染みが悪いくせ毛の比率を下げてあげる。

くせ毛の中には、同じくせ毛でも「馴染みが悪いくせ毛」と「馴染みがいいくせ毛」が混在していると僕は考えている。

要は、同じくせ毛でも「馴染みが悪いくせ毛」が問題なわけです。

「じゃ~馴染みが悪いくせ毛だけ減らせばいいじゃん( ̄▽ ̄)」って考えです。

そうしてあげると、より馴染みがいいくせ毛とフィットするので扱いやすくなります。

ただ、これには注意が必要で、、人によって比率が違うってこと、、

つまり、全体の髪に対して「Aさんは30%」「Bさんは50%」馴染みが悪いくせ毛あったとしたら、Bさんに対して50%取り除いたら、単純に「ハゲw」になりますよね(^^;)

まぁ~あくまでもカットでの話なので、「全て取り除く」ことも、「くせを無くす」ことも出来ませんが、、( ̄▽ ̄)

もとより多少比率を下げるって表現の方が正しいです。

実際、何%になったかなんて正確にわかるはずもないので(^^;)

ただ、「やるのと」「やらないの」だと圧倒的にまとまり感が違ってきます。

くせ毛カットをやった上で、スタイリング剤を使えば「くせ毛を活かす」髪型の完成です(^^)/

 

その他にもアイロンを使い「もっと馴染みのいいパーマ風」にしてみたり、ヘアアクセサリーを使って「アクセント」をつけたり、ヘアアレンジをして楽しむ方法もあります( ̄▽ ̄)

よって【くせ毛を活かす】場合

1スタイリング剤をもみ込む方法

2アイロンを使いワンランク上の活かす方法

3ヘアアクセサリーを使う方法

4ヘアアレンジをする方法

色んな方法があるので、自分の好きな方法で活かしてみてください( ̄▽ ̄)

 

【無くしたい場合】

選択肢は2つあります。

①毎日「ブロー」「アイロン」を使いくせをまっすぐにする。

②縮毛矯正かける。

 

くせを無くす選択を取る理由は、「ストレートヘアに憧れ」もしくは「ストレートに魅力を感じている」からだと思います。

さらさらのストレートヘアに憧れる女性は多いと思います。

 

その場合、上記の2つから自分にあった選択をとることになります。

①毎日「ブロー」「アイロン」を使いくせをまっすぐにする。

この場合のメリットとデメリットをお伝えします。

メリット

「細かい調整」「自分の好みで設定できる」「くせを活かすデザインへの移行が出来る」

デメリット

「ダメージ」「手間がかかる」「汗や湿気で元に戻ってしまう」

 

どうしても手間がかかってしまいますが、自分好みに調整できるので一度ブローやアイロンに慣れれば再現性は高いといえる。

 

②縮毛矯正かける。

メリット

「何もしなくてもストレートヘアになる」「汗や湿気が高くても崩れない」「毎日のスタイリングがラク」

デメリット

「施術者によって仕上がりのクオリティが全く違う(ダメージ・見た目)」「一度かけたら頻繁にかけないといけない(コストがかかる)」「くせを活かすデザインに変更できない(時間がかかる)」

どちらにも、メリット・デメリットがあるのでどっちがいいとは、一概にいえません。

選ぶ基準は、「毎日伸ばすのが面倒と感じる」と「くせを活かすデザインへ変更予定があるのか」です。

ちなみに、どちらも髪の「ダメージ」は避けられないです(^^;)

そして、施術者によるので一概には言えませんが、たぶん毎日のアイロンの方がダメージは大きいと思います( ̄▽ ̄)

 

以前、縮毛矯正について詳しく書いたのでよければご参照ください↓

【縮毛矯正】重要な5つのポイント

 

一言にくせ毛の対処法といっても「活かしたいのか」「無くしたいのか」によってこのような違いがあります。

くせ毛で悩まれている方は、この記事を参考に自分にあった選択をしてみてください☆

 

以上『プロが伝える【くせ毛対策】似ているようで全く違う「活かすか」「無くすか」』でした。

最後までご覧いただきありがとうございました(>_<)

 

 

他記事

くせ毛を得意とする美容師が伝える、梅雨の乗り越え方

なぜ美容師はシャンプーを売ってくるのか?

 

 

ご予約やメッセージも受け付けています。

ブログを見たで、ご新規20%offさせて頂きます☆

問い合わせや、ご予約はLINEでも承ります!
LINEこちら↓
友だち追加
LINE ID @rxz5629x
LINEからの返事が無ければ受信出来てない場合があります。
その場合はお手数ですがお電話下さいm(__)m
お電話でのご予約はこちらから↓
TEL 090-1476-1956
メール↓
osa97ah@gmail.com

U I H 尾﨑良太

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

121,886 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。