くせ毛カット

ここにブログアーカイブページの説明文が入ります。フォントサイズ、フォント色、ドロップシャドウの設定が可能です。

くせ毛カット

くせ毛ロングからのイメチェン(ショートヘア)

今回はくせ毛ロングからバッサリカットして可愛くイメチェンしたA様の記事を書いていこうと思います。 可愛いショートになりましたが扱いやすさはどうなのでしょうか。 その辺りを髪質の特徴を交えながらお話していきましょう。 髪質は「大きなうねりのくせ毛」「広がりやすい髪質」「パサつきやすい髪質」「細い髪質」です。

くせ毛カット

くせ毛どんな髪型がいいの?くせ毛オススメ髪型

①ショートヘア(長くてもあご下くらい)②くびれのある髪型(頭を小さくみせる効果あり)③自身の似合う女性像で髪型を決める(9つの女性像からの選別) この3つの項目は「どんな人でも」「どんな髪質でも」同じことがいえるので、ここを順番にお話していきます。

くせ毛カット

髪がハネてしまうホントの理由

結論からいうと「根本に原因ある」です。 皆さんもこんな経験あると思います。ハネている所を元に戻そうと「アイロン」で曲げてみたり、真っ直ぐにしてみたりという経験。ごめんなさい。。これは全て無駄ですm(_ _)m

くせ毛カット

「多毛で広がりやすい」がお悩みのショートヘア

ショートヘアはとても優秀で万能なものです。当然、それはくせ毛にも当てはまります。ちなみに、くせ毛カットには「まとまるカット」「なじませるカット」があります。これを組み合わせることで万能なショートヘアを更に盤石なものしています。

くせ毛カット

くせを扱いやすくする為に大事な3つのこと

くせ(うねり)はとても魅力的なものです。 直線美があるように、曲線美もとても魅力的なのです。 そんな魅力を最大限に活かす方法をお伝えしていきます^ ^

くせ毛カット

くせ毛が悪いのではなく、ボリュームが問題なのだ。

タイトルにもなっていますが、「うねり」より、髪の「ボリューム」の方が圧倒的に問題なのです。 くせ毛の皆さんはここを間違えてはいけないのです。 くせ毛で悩んでいる皆様、くせ毛のままでいいんです。

くせ毛カット

一緒に作り上げていく、くせ毛を活かすカットとは

UIHで大事にしている「一緒に髪型を作り上げていく」とは、いったいどういうことかお話していきたいと思います。 くせ毛のお客様はもちろん、くせ毛でない全てのお客様にも当てはまります。

くせ毛カット

S様のばっさりショートカット

今回は「好き」と「似合う」のハイブリッドな髪型でばっさりショートにしたS様の記事です。 S様は以前、ショートにする勇気がないということで、長めにしていたのですが、今回ショートに挑戦してみたいとのことで、ばっさりカットすることになりました。

くせ毛カット

縮毛矯正をやめて、くせ毛を活かすショートについて

くせ毛さんが縮毛矯正やめたとして、絶対にぶち当たる壁がある。 もし扱いやすくしたいのなら「ショートにした方がいいよね」「スタイリング剤使った方がいいよね」「くせ毛カットをした方がいいよね」となる。 究極、、扱いやすい髪質とは→「質感が統一されている」ということ。