くせ毛カット

ここにブログアーカイブページの説明文が入ります。フォントサイズ、フォント色、ドロップシャドウの設定が可能です。

くせ毛カット

くせ毛が悪いのではなく、ボリュームが問題なのだ。

タイトルにもなっていますが、「うねり」より、髪の「ボリューム」の方が圧倒的に問題なのです。 くせ毛の皆さんはここを間違えてはいけないのです。 くせ毛で悩んでいる皆様、くせ毛のままでいいんです。

くせ毛カット

一緒に作り上げていく、くせ毛を活かすカットとは

UIHで大事にしている「一緒に髪型を作り上げていく」とは、いったいどういうことかお話していきたいと思います。 くせ毛のお客様はもちろん、くせ毛でない全てのお客様にも当てはまります。

くせ毛カット

S様のばっさりショートカット

今回は「好き」と「似合う」のハイブリッドな髪型でばっさりショートにしたS様の記事です。 S様は以前、ショートにする勇気がないということで、長めにしていたのですが、今回ショートに挑戦してみたいとのことで、ばっさりカットすることになりました。

くせ毛カット

縮毛矯正をやめて、くせ毛を活かすショートについて

くせ毛さんが縮毛矯正やめたとして、絶対にぶち当たる壁がある。 もし扱いやすくしたいのなら「ショートにした方がいいよね」「スタイリング剤使った方がいいよね」「くせ毛カットをした方がいいよね」となる。 究極、、扱いやすい髪質とは→「質感が統一されている」ということ。

くせ毛カット

くせ毛をばっさり切って似合うショートにしてみた

今回は「くせ毛をバッサリ切って似合うショートにしてみた」F様のお話です。F様は縮毛矯正をやめて、くせ毛を活かしたいとUIHにご来店いただきました。そんなF様の勇気のいる行動に僕も全力で応えたいと思います。

くせ毛カット

くせ毛だけどショートにしたくない人への提案

今回は、くせ毛ショートから「髪を伸ばしていきたい」「ショートにしたくない」人への提案です。 くせ毛ロングでの髪の楽しみ方をお伝えしてみます。

くせ毛カット

T様の髪型の変化でわかったこと

今回は、僕の大好きなお客様のひとり「T様の髪型の変化」をご紹介してみようと思います。 T様の「最初にくせを活かした髪型」そして「現在の髪型」の変化や心境の変化を追ってみようと思います。

くせ毛カット

くせの特徴を活かしたショートヘア

単にくせ毛と言っても「うねりの強弱」や「馴染みにくいだけ」「生えぐせ(渦)」など違いがあります。当然、人よって異なりますが、同じ人でも「サイド・バック・前髪・襟足で種類が違う髪質になっている」なんてざらです。そんな特徴を活かした内容をT様のショートヘアでご紹介していこうと思います^ ^