失敗した時の正しい処置の仕方

豆知識・その他

失敗した時どう捌くか…でその人の本質がわかる

大抵の人間は言い訳をしたり、自分の非を軽減させる努力をする。

しかし、被害を被っているのは「自分」ではない。

どう考えたって「失敗された側」である。

であれば、自分を守るのはやめて、その時間を相手の為に使うべきである。

だから第一声は「ごめんなさい」「申し訳ありません」である。

その次に「今の自分ができる精一杯を相手の為にする」が正解だ。

この考え方ができる人は仕事はもちろん、人として信頼されているはずだ。

こういった人は、知らないうちに応援者が現れ、あらゆる局面で協力(力)を貸してもらえる。

歳を重ねる度に益々幸せな人生を歩み続けていく。

逆をいえば、主語が自分のままだと永遠に幸せは訪れない。

訪れるのは、幸せの皮を被った不幸だけである。

そんな人と関わり続ければ、永遠と被害と時間(命)が奪われていく。

失敗は誰にでもあり反省するべきだが、大事なのは失敗した時「誰に矢印を向けているか」である。

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

291,241 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。