くせ毛が悪いのではなく、ボリュームが問題なのだ。

ショートヘア

こんにちは、、

オリンピック真っ只中、コロナの影響か、電車内の「企業広告が極端に少ない」ことに気がつき、オリンピックに限らず「頑張れ日本」と心の中で唱えているUIHオサキですw

それでは、、

本日は「くせ毛が悪いのではなく、ボリュームが問題なのだ」というテーマで、少し本質的な内容を伝えていこうと思います。

くせ毛でお悩みの皆様は「くせ毛が悪い」と思っていませんか?

ホントにくせ(うねり)が悪いのか。

タイトルにもなっていますが、うねりよりも、むしろ、髪の「ボリューム」の方が圧倒的に問題なのです。

当人はくせ(うねり)が気になってしょうがないのでしょうが、第三者からみたら、髪のボリュームの方がよっぽど違和感を感じています。

くせ毛の皆さんはここを間違えてはいけないのです。

「くせ(うねり)」は全然問題ではないです。

それより「ボリュームが出過ぎている」ことに注意を払うべきです。

つまり、「うねり」があっても、「ボリューム」が適正であれば素敵になるのです。

くせ毛で悩んでいる皆様、くせ毛のままでいいんです。

くせ毛には、ちゃんと魅力があり、それ自体をコンプレックスに思うことは無いのです。

そして、こんなフィクションも捨て去りましょう。

くせ毛は重ためのロングヘアがいい!?

いつからか、このような物語が作られるようになりました。

しかし、皆様なら経験ありますよね。

「重ためロング」にして扱いやすくなりましたか?

「重ためロング」にしてメリットはありましたか?

ないですよね。。

シャンプーはもちろん、日々のドライヤーにも苦労しているはずです。

その挙句、くせを抑えられるどころか、とんでもないボリュームが出てしまっているはずです。

つまり、多くの美容師がオススメしてくる「重ためロング」のフィクションで、くせ毛が扱いやすくなることはないことはありません。

「重ためロング」のフィクションはもうやめましょう。

では、どうしたらいいのか。

そこで僕から提案するのは、「しっかり量を取って、ショートヘアにする」です。

先ほど、ボリュームが問題だといいました。

「ボリュームを抑え、うねりはそのまま活かす」がポイントです。

くせを活かすショートヘア

くせ毛の魅力を最大限に引き出すため、ショートヘアがベストだと考えています。

うねりを活かし、ボリュームを極限まで抑えらるは、ショートヘアにしかできません。

なぜなら、ショートは大胆且つ繊細にカットで髪をコントロールすることができるから。

ロングでもミディアムでもなく、ショートがいいのです。

長くても「あごちょい下くらい」までです。

それ以上は「うねり」をコントロールすることが難しくなります。

扱いやすいとは、、

美容師ではない皆様が「家に帰っても、簡単にセットできる」ことを指します。

そのためには「うねりの自由度を減らす」必要があるのです。

これは、くせを味方につけるのに重要な要素になります。

つまり、UIHでやっている「くせを活かすカット」とは、「うねりの自由度を減らすカット」ということです。

「比較的誰でも簡単に」を実現させるためには、ショートがベストになります。

スタイリング力に自信がある人であれば、ミディアムでも、ロングでも問題無いでしょう。

しかし、再現性でいえば、ショートに比べ、圧倒的に落ちます。

最後にくせを活かすために重要なことが1つあります。

それが「スタイリング剤を使う」です。

スタイリング剤は必須

スタイリング剤を使う意味は3つあります。

  1. 質感を統一させる
  2. ボリュームを抑える
  3. ツヤ感を出す

そもそも、なぜ、くせ毛は扱いづらいのでしょうか。

それは「質感が統一されていないから」

どういうことか説明していきます。

くせ毛を想像してみてください。

  • 場所によって「うねりの強さ」が違う
  • パサついている
  • 細い毛、太い毛が混合している
  • 沢山うずがあり、毛流れがぶつかり合っているetc..

これらがバラバラに混在している状態がいわゆる「くせ毛」なんです。

バラバラな髪質は扱いづらく、逆に統一された髪質は扱いやすいのです。

スタイリング剤は、そんな髪質の違いを「なんとなく同じ質感にしてくれる」訳なんです。

だから、使わなきゃ損なんです。

当然、ボリュームを抑え、ツヤも出ます。

以上の観点から、スタイリング剤は必須といえます。

最後にくせ毛を活かしたショートをみていただきましょう。

くせ毛をショートヘアにしてみた

Before

すみません。。Beforeを撮り忘れていた為、これは初めてご来店いただいた時の写真です。

after

うねりはそのままに、ボリュームを抑えるとこのように、素敵な雰囲気になります。

Beforeとafterでは、撮った時期は違えど、同じお客様です。

写真では、伝わりにくいですが、とてもコンパクトになり、うねりもツヤ感も素敵に仕上がっています。

まとめ

くせ(うねり)が悪い訳ではなく、広がってしまうボリュームに第三者は違和感を抱くのです。

くせ(うねり)は全然問題ではないのです。

むしろ、直線美があると同様に曲線美もあります。

それは、とても魅力的なのです。

くせ毛は、デメリットでも何でもなく、魅力なんです。

そんな魅力的なくせ毛に自信を持ってもらいたいと願っています。

以上「くせ毛が悪いのではなく、ボリュームが問題なのだ」でした(^^)/


信頼できる美容師(人)との出会いで人生の景色が変わると信じている。

その為に「お客様を大事に思う」「意味のある髪型にする」ことを大事にしている。

これはとても大事だと強く思っている。

なぜなら、大事な人を知ろう、理解しようとすることは自然なことで、その人をステキにさせたいと思うことも自然で当たり前だから。

お客様以上にお客様のことを知ることは→「お客様自身が気づいていない魅力」を「みつける」・「提案する」ことに繋がる。

その魅力を引き出すことは→お客様にとって「意味のある髪型」になる。

コレは担当した美容師しか出来ないことなので、ここに僕がやる意味があり大事にしているところです。

僕が担当するからには、より良い景色を魅せていきたいと思っています。

ご予約・メッセージ・メニュー・料金

ご予約はコチラ↓

ご予約やメッセージ

料金・メニューはコチラ↓

メニュー・料金

ブログの更新情報を早く知りたい人は下記から「ツイッターフォロー・通知オン」に設定してください↓↓

UIH オサキ@くせ毛を活かす美容師

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

117,263 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。