くせ毛を活かすから縮毛矯正にしたいと思っている人へ

縮毛矯正

くせ毛さんにとって最も重要なことは何か。

それは、「今の自分が心地良いと感じているかどうか」だと思っている。

これまで1000人を超えるくせ毛さんと向き合ってきたからこそ、そうだといえる。

結局「縮毛矯正」も「くせ毛を活かす」も手段に過ぎず目的は自分が気に入ってるかどうか、、つまり、心地良いと感じているかが大事なのだ。

僕自身これまで「くせ毛を活かすショートヘア」といい続けてきたのは、縮毛矯正一択だった現状に疑問を抱き、それだけではあまりにも選択肢が狭い(無さすぎる)と思い「くせ毛自体の魅力に光を当ててきた

しかし、くせ毛を活かすが全てとも思っていない。

全く同じ人間がいないように、人それぞれ「価値観」や「感じ方」は違うし、違っていいと思っている。

もっといえば、その時の気分でコロコロ変えてもいいし、、他にもまだ「可能性がある」とさえ思っている。

だから、くせ毛を活かしてきたけど、縮毛矯正に戻したいのであれば、遠慮なく言って欲しいと思っている。

縮毛矯正について

縮毛矯正も素晴らしい選択だと思っている。

何を隠そう僕自身、縮毛矯正に明け暮れていた時期があり、縮毛矯正で日本一を目指していたこともあった。

だからこそ、縮毛矯正の素晴らしさは身を持って知っている。

縮毛矯正の最大の魅力は、簡単に「ツヤサラヘア」になるところだ。

女性なら誰しも一度は憧れる「髪をなびかせたCMにみる天使の輪」

あれを簡単に再現できるようになる。

なぜなら、天使の輪(ツヤ)を出すには2つの方法があるから。

  1. 面を整える(光を乱反射させない)
  2. 水分量

の面を整えるだが、単純な話ツヤの正体は「光の反射」だ。

面を均一に整えれば「ツヤ」は生まれる。

ストレートアイロンを当てたところにツヤ生まれるのは「キューティクル」と「髪のねじれ」がキレイに整列され光を均一に反射させることができたからだ。

の水分量だが、これには少し語弊がある。

正しくは、「」がそれにあたる。

例えば、、髪を濡らした時「髪がツヤっぽく」みえたことはないだろうか。

これは、水の膜が髪の「デコボコ」を均一に整えたからである。

デコボコというのは、「キューティクルの乱れ」「髪のねじれ」によってできる空間のこと。

この空間(デコボコ)を水の膜で均一に整ったことで「ツヤっぽく」みえるのだ。

他にも、「ウエット系のスタイリング剤」や「オイル系スタイリング剤」「トリートメント」をつけても同じ効果がみられる。

その中で縮毛矯正は、1の面を整える」ことで、ツヤ感を簡単に手に入れていることがわかる。

ちなみに、くせは「髪のねじれ」で起こるので「ねじれ」を真っ直ぐに矯正することで「ストレートヘア」になるという訳だ。

「まっすぐな髪」や「ツヤ」の良さはもちろん、そうじゃ無いと表現できない髪型も存在する。

くせ自体が許せないのであれば絶対に縮毛矯正をするべきだ。

もちろん、毎日アイロンやブローするって手段もあるが、忙しい朝の時間にその手間がなくなる価値は計り知れない

仮にアイロンで毎朝10分取られていたのなら、ひと月で300分の節約にもなる。

そして、何より強調したいのは「朝の忙しい時間の300分」ということ。

ゆとりのある時間帯ではなく「最も時間が惜しい朝」となれば、これほどありがたいことはない。

という観点から、縮毛矯正はやはり「良い選択」といえるのだ。

くせ毛を活かすについて

くせを活かすは、くせ毛にとって「新しい選択肢」といえる。

なぜなら、「くせ毛のうねりを利用してステキな髪型にしよう」ってことだから。

特にこんな人にオススメしたい。

  1. 縮毛矯正に満足いっていない
  2. 縮毛矯正をやめたい
  3. くせ毛のままでどうにかしたい
  4. 一度試してみたい

髪型でも、「直線美」があるように「曲線美」があっても良い。

日本人のいう、強いくせ毛は世界的にみたら弱いくせ毛の部類に入る。

よって、くせを利用することは全然可能なのだ。

だったら「くせ毛を活かしてステキにしてみようよ!」ってことである。

ただし、それには4つ条件がある。

  1. くせ毛自体を許せるか
  2. 全てくせ毛の状態にする(縮毛矯正の部分がない)
  3. ショートヘアがベスト
  4. スタイリング剤を使う

この4つの条件を満たすことができるならオススメできる。

の「くせ毛自体を許せるか」だが、そもそもくせ毛自体が許せないならやらないほうがいい。

意外と自分がくせ毛を許せるかわからない人が多いように感じる。

その場合、やってみて判断するといいだろう、、もし、違うなっと思ったのなら縮毛矯正をしたらいい訳だから。。

の「全てくせ毛の状態にする」だが、縮毛矯正が残っている状態では髪馴染みがものすごく悪く、逆に扱いづらくなってしまうため、必須条件にしている。

ただし、伸びるまでどうしても我慢できないって人は、縮毛矯正部分を「毎日アイロンで曲げる」という条件でカットさせてもらうことがある。

できれば、全てくせの状態が望ましいが。。

の「ショートヘアがベスト」だが、これはくせ毛の特徴的にショートヘアのが圧倒的扱いやすくなるからだ。

くせ毛は髪が「長なればなるほど大きくうねる」特徴がある。

また、くせ毛ロングの場合「シャンプー時間」「ドライ時間」「スタイリング剤の量」も桁違いに増え、そのうえ扱いづらいのだからショートにするに越したことはない。

の「スタイリング剤を使う」だが、くせ毛は基本的に「パサついてみえる」+「馴染みの悪い髪質」なのでスタイリング剤のチカラを利用しようってことだ。

スタイリング剤には大きく2つに分けることができる。

  1. セット力がある
  2. セット力がない

ざっくりいうと「ワックスタイプ」か「トリートメントタイプ」かである。

よくオススメしているのが「トリートメントタイプ」のスタイリング剤だ。

モイ

ニゼルM

などがそれにあたる。

また、ワックスタイプであれば、、

ナカノ2or3

なんかはオススメのスタイリング剤である。

スタイリング剤は「髪質を均一させる」特徴がある。

これにより「パサつく」→水分量を揃える、「馴染みが悪い」→馴染みを良くする、、といった強制的な力を持っている。

カットだけでは、物理的にどうにもならない問題を解決してくれる効果がある為、スタイリング剤も必須条件といえる。

これらの条件から作り上げる髪型が「くせ毛を活かす」であり、新しい選択肢である。

まとめ

この通り、縮毛矯正には縮毛矯正の良さがあり、くせ毛を活かすにはくせ毛を活かす良さがある。

どちらかが優れているのではなく、どちらも優れているのだ。

大事なのは「今のあなたにとってどっちが心地良いか」である。

手段である「縮毛矯正」か「くせ毛を活かす」なんて正直どちらでもいいのだ。

縮毛矯正に嫌気がさしたのなら→「くせ毛を活かすを選べばいい

くせ毛を活かすに嫌気がさしたのなら→「縮毛矯正を選べばいい

また、それがコロコロ変わってもいい。

どちらの選択を選んだとしても全力でサポートしていくつもりだし、皆さんの1番の味方でいたいと思っている。

やりたいと思ったほうを選べばいい。

くせ毛を活かす記事をたくさん書いている為、僕のことを「活かす専門」と思っている人は多いがそうではない

くせ毛で悩んでる人の味方でありたい」が本心であり、「縮毛矯正」に比べ「くせ毛を活かす」がまだまだ認知されていないので、そちらにチカラを入れているのだ。

だから、縮毛矯正に戻したいと思っているのなら、遠慮せず言って欲しいし、相談してほしい

なぜなら、皆様の1番の味方でありたいと本気で思っているから。

ご予約・メッセージ・メニュー・料金

ご予約はコチラ↓

ご予約やメッセージ

料金・メニューはコチラ↓

メニュー・料金

ブログの更新情報を早く知りたい人は下記から「ツイッターフォロー・通知オン」に設定してください↓↓

UIH オサキ@くせ毛を活かす美容師

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

63,010 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。