【湿気でも、扱いやすい髪にするには】~広がる髪をてなずける

before&after
髪の毛広がる

広がる髪質というのは、ロングでもショートでも広がってしまうものです。

ただ、ショートにした方がまとまりやすくなる可能性が高い( ̄▽ ̄)

 

なぜかというと、広がりやすい髪質(くせ毛も)、髪が長くなればなるほど、曲線が大きくなる。

これは、くせが無くて広がりやすい髪質の人でも同じで、毛先にいくほど広がっていきますよね(^^;)

ちょっと、想像してみると中間より毛先の方が広がってることが多いと思います。

つまり、多くの人の場合、髪を短くすることで広がり(くせ)は最小の状態でおさまる」ってことになります(^^)

 

問題は、全体的に広がりやすい髪質の場合です( ̄▽ ̄)

こういった髪質だから悩んでいるって方も多いと思います。

 

この場合、どっちにしても広がるんだから、正直「ロング」も「ショート」も関係無いですよね(^^;)

 

では、こういった場合でもショートに出来るのかですが、、

全然問題無くショートに出来ます(^^)/

 

こういった場合、おススメしているのがスタイリング剤です。

広がるなら、広がらないようにスタイリング剤を使えばいいんです( ̄▽ ̄)

 

難しことは何もなく、まとめたいなら手にスタイリング剤をつけて手グシを何度か通せばオッケーです☆

活かしたい(パーマ風)にしたいならもみ込めばいいだけ( ̄▽ ̄)

 

ちなみに、髪質にもよるのでコレってスタイリング剤は言いにくいんですが、使い勝手がいいという意味でおススメなのが「モイ」というスタイリング剤です(^^)

最近では、チューブタイプ(クリーム)も新しく出たので、3種類になりましたが、それも使い勝手がいいですよ( ̄▽ ̄)

「オイル」、「バーム」、「クリーム」の3種類でそれぞれ微妙に違いがあり、僕は、「バーム」を推奨していたのですが、「クリームタイプ」も中々使いやすくていいです☆

 

スタイリング剤を使うにしても「ショート」にしてしまえば、使う量もロングに比べ少量で済むので、やはりショートは「広がり」「くせ毛」におススメといえます(^^)

 

僕はこれまで、ずっと「くせ毛はショートがいい」と言い続けてきたんですが、最近ようやく「くせ毛ショート」と発信している美容師が増えてきたように思います。。

ホント最近まで、「くせ毛は重めで伸ばしたほうがいい」「切らない方が扱いやすい」というのが常識みたいになっていました、、今も言っている美容師は多いですが、、w

 

くせ毛の、、髪の、、特徴を理解すれば、どっちが扱いやすいのかわかります(^^;)

もちろん、ロングが好きな人はロングでいいし、くせを活かしてショートを楽しみたい人はショートにすればいい。

 

「長さ」「デザイン」も好きなようにするのが一番。

 

ただ、くせ毛さんは同じように再現しようとすると「ブロー」や「アイロン」と一手間余分にかかる。

 

だったら、「くせに逆らう」のではなく、くせを活かしちゃえばいいじゃん」って発想です( ̄▽ ̄)

 

僕が発信して言いたいことは、そういうことなんです(^^)

 

もちろん、逆らうコトを否定しているわけでもないし、活かすことだけを肯定しているわけでもないです。

「選択肢はたくさんありますよ」ってこと( ̄▽ ̄)

 

くせ毛の方はくせ毛をコンプレックス(ネガティブ)に思っていることが多いので、僕は逆でポジティブに「活かすことも出来ますよ」ってことを伝えていきたいと思っています。

 

以上『【湿気でも、扱いやすい髪にするには】~広がる髪をてなずける』でした。

最後までご覧いただきありがとうございました(^^)/

 

 

他記事

【夏のショートデザイン】

プロが伝える【くせ毛対策】似ているようで全く違う「活かすか」「無くすか」

 

 

ご予約やメッセージも受け付けています。

ブログを見たで、ご新規20%offさせて頂きます☆

問い合わせや、ご予約はLINEでも承ります!
LINEこちら↓
友だち追加
LINE ID @rxz5629x
LINEからの返事が無ければ受信出来てない場合があります。
その場合はお手数ですがお電話下さいm(__)m
お電話でのご予約はこちらから↓
TEL 090-1476-1956
メール↓
osa97ah@gmail.com

U I H 尾崎良太

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

85,196 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。