【夏のショートデザイン】

ショートヘア

ショートヘアといっても様々なデザインが存在する。

僕が作るデザインの多くは襟足が短めのショートヘアが多いのですが、長めのデザインもありだと思う。

今回のデザインは襟足を残して、夏に向けて丁度いいウルフベースの「やわらかウルフ」でデザインしてみました(^^)

今回のお客様は僕の似合わせの考えで診断した結果、似合わせジャンルは「エアリー・ピュア」

エアリー・ピュアというジャンルを髪型に落とし込むと「軽やかな空気感をもたせた嫌味の無い髪型」のジャンルになる。

普遍的要素と変動的要素の両方ともがドンピシャでこのジャンルでした(^^)

似合わせジャンルについての記事を以前書いているのでご覧いただいてない方はコチラをご覧ください↓

自分に似合うジャンルを知ろう

ちなみにこのジャンルは「丸みよりか尖り」になるので、基本的にコテで巻いたりパーマをかけたりしなくてもスタイルになるのがこのジャンルの特徴です。

実際のお客様の仕上がりはこのようになりました。

正面

毛束にやわらかい空気感をつけ軽やかな雰囲気にしてみました。

正面からでも襟足が見えるように長さを残しやわらかウルフを再現。

 

サイド

サイドから見てもオーバーセクション(髪型を半分に割った時の上の部分)とアンダーセクション(下の部分)のバランスがよくデザインが洗練されてみえる。

ちなみにこの角度こそ、普段の生活で一番他人に見られている角度となります。

よってこの角度からキレイに見える髪型は、高感度が高い髪型といえます(^^)

 

バック

後ろからみてもらうとわかりやすいですが、襟足が外にハネていますよね( ̄▽ ̄)

このデザインは外にハネて可愛いデザインですので、ハネないように気を使う必要がありません。

最近は外ハネのデザインが増えてきましたが、ハネが気になるって方が多いのが現実。。。

そんな方は、ハネて問題ないデザインにしてみるのも一つの手段だと思います(^^)

 

ショートヘアのいい所はスタイリング剤を使って簡単にセットできることです( ̄▽ ̄)

コテで巻いたりしないと決まらない髪型の場合、結局縛って過ごしていないですか(^^;)

適当にセットして決まるショートにすれば、スタイリング剤を使って手グシを通すなり、もみ込むだけで誰でも簡単にそれなりのデザインが作れます。

時間にして2~3分ほどあれば十分なので時間がない方でも全然問題ないですよね( ̄▽ ̄)

 

もちろん、時間がある時なんかは、アイロンを使っていつもと違うアレンジを凝らしてもいいですよね☆

これから暑い日が続いてくるので涼しいショートヘアはもってこいの季節とも言えます( ̄▽ ̄)

この夏はショートヘアを試してみてはいかがでしょうか(>_<)

 

以上『夏のショートデザイン』でした。

最後までご覧いただきありがとうございました(^^)/

 

他記事

後ろ姿で魅せる〜後ろ姿が醸し出す印象

カラーで魅せる髪色の変化~似合わない色はない?

 

 

 

ご予約やメッセージも受け付けています。

ブログを見たで、ご新規20%offさせて頂きます☆

問い合わせや、ご予約はLINEでも承ります!
LINEこちら↓
友だち追加
LINE ID @rxz5629x
LINEからの返事が無ければ受信出来てない場合があります。
その場合はお手数ですがお電話下さいm(__)m
お電話でのご予約はこちらから↓
TEL 090-1476-1956
メール↓
osa97ah@gmail.com
U I H 尾崎良太

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

121,876 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事