H様のくせ毛を活かすまでの軌跡①

くせ毛カット

こんにちは

30代以降でも頭角を表し続けているモノ・コトは「自分の実力」、10代20代に秀でていたモノ・コトは「親から授ったもの」だと思っているUIH尾崎です。

実力だと勘違いした人は歳を重ねるほど「あの人昔は輝いてたのに」と残念な気持ちになる。。 # 「実力」ではなく「授かりもの」 磨き続けなければサビる

さて今回は「面白そう」「やってみたい」と思ったことを記事にしてみたいと思います。

「なにが?」かというと、今までは「完成」をブログにしていましたが、この記事は「未完成」をみていただこうと思います。

つまり、未完成から完成までの「過程も」皆さまと一緒に共有たいと思ったのです。

コミックのように「一巻」「二巻」「三巻」と続くみたいに、くせを活かすまでの軌跡「その①」「その②」「その③」とゴールに向かっていく形です。

ちなみに、今回の記事のH様は「縮毛矯正をやめて半年しか経っていません」なので、全てくせ毛にするところからスタートしていきます。

初めての試みなので、どのような記事になっていくかは僕にもわかりませんw

もしかしたら、「やっぱり縮毛矯正にしたい」ってなるかもしれませんし、「H様がお店に来なくなる」ってこともありえます。。

その場合、「活かすまでの軌跡」ですが、「縮毛矯正しました」ってオチや、、「尾崎が嫌われました」ってオチになるかもしれません。。w

ちなみに、「尾崎が嫌われました」となったとしても、それはそれでちゃんとお伝えしていきます。

ホントはそんな「かっこ悪いところを見せたくない」のですが、ダサい尾崎も含めて人間っぽくていいかなぁと思っています。

だから、、皆様には温かく見守ってほしいです(^^)

もちろん、そうならないようにH様とちゃんと信頼関係を築いていきたいと思っています。

H様は今回が初めてのご来店でした。

H様は、ずっと縮毛矯正をしていたのだから「くせ毛が嫌い」だったはずです。

そんなH様が縮毛矯正をやめ、「くせを活かす挑戦」をしようとすることは、とても尊いことだと思います。

僕は、一歩踏み出して挑戦しようとする人が大好きです。

そんなH様だから応援したいし、なんとしてもくせを活かしてステキにしたいと思いました。

今の状態・完成イメージ

今の状態としてまずBefore写真で確認しましょう。

Before

全部くせ毛っぽくみえるのは、ご来店時は髪を結んでいた為です。

実際は、半分以上は縮毛矯正毛です。

髪質はというと、、

髪質

  • 髪の太さ→普通
  • 髪の硬さ→硬め
  • 毛量  →多い
  • うねり →細かく強い
  • 広がりやすい

中のうねりの感じ↓

全てがくせ毛ではないので全貌は掴めませんが、とてもいいくせ毛だと思いますよ。

あと、これはH様に限らず、、多毛で悩んでいる方は非常に多いのですが、多毛はいいことです。

毛量は梳くことで少なく見せれますが、少ない髪をカットで増やすことはできません。

とはいえ、悩みの種であることは変わらないと思います。

その場合、梳き方を工夫するしかないので、担当美容師に伝えるといいです。

H様は、ちゃんと梳き方に工夫を凝らし、スッキリ長持ちするようにしているので、そこはご安心ください^ ^

続いて完成イメージをある程度決めました。

髪型の方向性を決めていく

これは、ブログで何度も言っている「好き」「嫌い」「似合う」の選別、共有、マッチングです。

髪型で重要なのは「女性像」で捉えることで、それは「雰囲気」や「イメージ」のこと。

その女性像が好きであれば、「こんな髪型が良さそう」みたいな決め方です。
※だたし、好きと似合うがマッチングした場合に限る。

実際にH様と一緒に共有していったあの作業がそれです。 

そこからあぶり出されたイメージは「クール」でしたね^ ^

ということで、完成イメージは「クール」というザックリした表現ですが、一応具体的な髪型の提案もさせていただきました。

しかし、全てくせ毛になってみないと「どのようにうねりが出るのか」など、わからない変数が多いので、「とりあえずくらい」に思っておいてくださいf^_^;

それらを踏まえて今回の途中経過の仕上がりです。

くせを活かす途中経過の仕上がり

after

ブロー、アイロンは一切せずに仕上げました。

もちろん、明日からは僕ではなく、H様が自分でスタイリングしないといけないので、それと同じ状況下(リアル)を想定してのことです。

そして、今回は全てくせ毛にする途中なので、まだくせ毛を活かすことができません。

なので、今回の仕上がりは結べる長さを前提」にカットしました。

だから長さはそれほど変わっていない(強烈な写真映えこそ)ないのですが、「フィット感」「スッキリ感」は全く別物になったはずです。

H様には、この違いに気づいてもらえたかと思いますが、、ブログをご覧の皆様には見た目に大きな変化が無いので、この違いに気づいてもらえないかもしれません。。

ただ「髪を結んだ時」「シャンプー」「ドライ」「スタイリング」をした時に圧倒的な違いに気づきます。

ちなみに、これから「縮毛矯正をやめていく人」「やめようと思っている人」に知っておいてほしいのですが、、

基本的には、縮毛矯正をやめて「くせ毛にしている過程でまとまる髪型は存在しない」ので、「髪を結ぶ」「ヘアアレンジをする」などして乗り越えるしかありません。

今回のH様はたまたま途中段階でまとまっていますが、これは稀なケースです。

多分これから髪が伸び、くせ毛の比率が増えてきた段階で一度はものすごく扱いづらい時期が訪れると思います。

その時に結べる長さがないと、とても苦労すると思うので、今後も結ぶことを想定して「とりあえず全てくせ毛の状態に」していきます。

ただH様は、編み込みをしたり、自分でヘアアレンジをしているとのことでしたので、必ずしもそうではないかもですがw

髪を乾かす注意点

乾かす順番

  1. 根元から乾かす
  2. その後、毛先を乾かす

根元がある程度乾いてきたら、毛先を乾かすという順番にする。

注意点

  1. 風は常に上から当てる。真上から斜め45度の範囲をキープ
  2. 根元を乾かしている時は、分け目をつけない
  3. 毛先を乾かすタイミングで普段の分け目にする

最後はくしで髪をとかしながら風を当ててあげるとツヤが出ます。

常に上から風を当てること」「根元を乾かす時は分け目をつけないこの2点は特に重要なので覚えておいてください^ ^

※特に「常に上から風を当てる」ことは最重要事項です。

スタイリングの仕方

今回H様は「ニゼルジェリーM」で仕上げをさせていただきました。

詳しくスタイリング方法が知りたい方はコチラをチェックしてみてください→一生使えるスタイリング方法

難しく考える必要はなく、なんとなく「つける場所(ブロック)」を意識しながら馴染ませてあげればいいです。

今回は、それでも「やっぱり馴染ませが難しい」と思っている方に向けて提案したいと思います。

以前にもお伝えしたと思いますが、、「時間を利用する」です。

スタイリングする時って、

  1. 馴染ませる
  2. 形を整える(作る)

これを同時でこなさないといけないので難しくなるのです。

だったら、「馴染ませる」と「形を作るを別々に分けてみたらどうですか?ってことですね。

日常では、、

朝起きたら、まず何よりも先に「スタイリング剤をつける」をやってもらいます。

この時に、、

  1. スタイリング剤をつける
  2. 「手ぐしを通す」、「くしなどのアイテムを使う」

である程度、馴染ませておく。

いったんコレで完了!!

そして、いつものルーティーンをこなしてもらいます。

ここからの時間が「時間を利用する」になります。

この時間に髪の上では何が起こっているのかというと、、

例えば、、服に水滴が落ちてしまった時を想像してください。

初めは、「水をはじいていた服」でしたが、「時間が経つと染み込んでいた」なんて経験があると思います。

これと同じことが、髪の上でも起こっています。

つまり、「時間を利用することでスタイリング剤が髪と馴染む」ってことです。

だから、スタイリング剤をつけたら、とりあえず完了して時間をおくのです。

朝一番初めに行うことで、放置時間が無駄にならずに「朝の忙しい準備と同時進行」で進めていけます。

そして、出かけるちょっと前に「形を作る(整える)」をしてもらいます。

この時、「馴染ませがあまい所」「パサついてる所」があれば、追加でスタイリング剤をつけてあげればいいです。

これで、スタイリングで最も重要な「馴染ませ」が完璧となります。

スタイリングの8割は馴染ませ」なので、この手順を使えば「簡単に8割が完了する」ことになります。

形の整えはお好みで、耳掛けなどしてもらってもOKですが、2つだけ注意点があります。

  1. もみあげの毛先部分にスタイリング剤がつけられているか
  2. みつえり(襟足の毛先両端)部分にスタイリング剤がつけられているか

この2点を外さなければ、髪はまとまって見えます。

まとめ

2020年9月から始まるH様の記事はこらから完成へ向かって追跡していきます。

皆様に見せていきたいことは「未完成」から「完成」までの過程を楽しんでいただくことです。

縮毛矯正をやめて半年のH様は、全てくせ毛になるまで最低あと半年は必要です。

くせ毛にしていく過程、つまり、途中で「どんな髪型にしていたのか」「なにをしてくせ毛にする段階を乗り越えていったのか」など、未完成の部分を伝えている記事は意外と存在しない。

だからこそ、その部分を皆様と共有してみたいと思いました。

途中経過がメインの記事は前例がないため、どのように着地していくのか僕にも分かりません。。

だかこそ面白いし、やる価値があると思っています。

H様と一緒にステキな髪型(くせ毛の)にしていきたいと思います^ ^

以上「H様のくせ毛を活かすまでの軌跡①」でした(^^)/

H様のくせを活かすまでの軌跡②
追記しましたので、続きはコチラ↑。


信頼できる美容師(人)との出会いで人生の景色が変わると信じている。

その為に「お客様を大事に思う」「意味のある髪型にする」ことを大事にしている。

これはとても大事だと強く思っている。

なぜなら、大事な人を知ろう、理解しようとすることは自然なことで、その人をステキにさせたいと思うことも自然で当たり前だから。

お客様以上にお客様のことを知ることは→「お客様自身が気づいていない魅力」を「みつける」・「提案する」ことに繋がる。

その魅力を引き出すことは→お客様にとって「意味のある髪型」になる。

コレは担当した美容師しか出来ないことなので、ここに僕がやる意味があり大事にしているところです。

僕が担当するからには、より良い景色を魅せていきたいと思っています。

ご予約・メッセージ・メニュー・料金

ご予約はコチラ↓

ご予約やメッセージ

料金・メニューはコチラ↓

メニュー・料金

ブログの更新情報を早く知りたい人は下記から「ツイッターフォロー・通知オン」に設定してください↓↓

UIH オサキ@くせ毛を活かす美容師

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

84,261 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。