伸ばし中の髪でのイメチェン

髪型について

今回は、Mちゃんの伸ばし中のイメチェンについて説明していこうと思う。

アウトライン(長さ)は一切変えずに前髪の変化だけで印象をガラッと変えてみた。

まずはBefore・afterを見てみよう

Before・after

Before

after

Beforeと afterでは印象がまるで違うのがわかってもらえると思う。

ちなみに、afterの1枚目が耳掛けなしの写真で、2枚目が耳掛けしたときの印象だ。

この違いでも印象を変えることができる。

それでは、なぜワイドバングにしたのか説明していこう。

なぜワイドバングにしたのか

  • ホントはショートにしたいけど、伸ばす決意をしたから前髪で変化を出した。
  • お洒落になりたい
  • ワイドバングに興味がある

カウンセリングをして方向性を一緒に決めていった。

お洒落になりたいってことで、お洒落感を優先することになったのだが、もともとワイドバングに興味を持っていた為、ワイドバングで顔周りの印象をディスコードすることにした。

ディスコードとは→不一致のことで、違和感ともいえる。

ここではいい意味の違和感としてデザインに落とし込んだ。

もちろん、ディスコードをいい意味にする為、Mちゃんにフィットするよう似合わせを考えなければならない。

ワイドバングの特徴

  • シャープな印象を与える
  • 重めであればあるほど、強い印象を与える
  • 顔周りに直線は違和感を与える
  • 個性的(お洒落)に見える

ざっくりこんな感じだ。

では、Mちゃんのワイドバングはどうだろうか。

尾崎なりの似合わせを入れてみた。

  1. 重すぎないワイドバング
  2. 眉ちょい上のワイドバング

①重すぎないワイドバングにすることで、強すぎに傾きすぎないように調整をした。

前髪の範囲(前髪の始まり)を深すぎないように浅めで作ることでMちゃんの印象をコントロールした。

②眉ちょい上のワイドバングにすることで、可愛さを出した。

ちなみに、眉下にすると、クールな印象になる。

初めは眉下で作っていたのだが、Mちゃんは絶対眉上に設定した方がいいと思ったので、眉上にしたくなるように仕向けさせてもらった。

Afterを見てもらってもわかるとおり、バッチリ可愛く似合っている。

まとめ

今回は、伸ばし中の髪型をイメチェンさせることに成功した。

希望の「お洒落になりたい」を叶える為ワイドバングを選択させてもらった。

それにより、お洒落に昇華させMちゃんに似合わせることができた。

形だけワイドにすることは、誰でもできる仕事だ。

そこに、「その人ならでは」を入れることは、お客様のことを考え、この髪型にする意味をちゃんと考えていなければできない。

信頼できる美容師との出会いで人生の景色が変わると信じている。

だからこそ、適当な仕事はできないし、常に自分の全力をぶつけ続ける覚悟で美容師をしている。

ご予約・メッセージ・メニュー・料金

ご予約やメッセージ

料金・メニューはコチラ↓

メニュー・料金

ブログの更新情報を早く知りたい人は下記から「ツイッターフォロー・通知オン」に設定してください↓↓

UIH オサキ@くせ毛を活かす美容師

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

63,448 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。