ショートが似合う法則5.5センチルールとは??

ショートヘア

ショート5.5理論なるものが巷で流行っているらしい(^^;)

これは「耳下から顎までの距離が5.5センチ以下だとショートが似合いますよ」ってことらしいのですが、、

今回はその辺りの話をさせていただきます(>_<)

結論からいうと

まっ、関係ないよね( ̄▽ ̄)

というより、5.5以下に当てはまる人はショート関係なしに何でも似合うんじゃないってのがホンネ(^_^;)

これって、一流モデルに「モデルになれるよ」っていってるようなものw

あっ、ちなみに5.5ってここのことです

耳下から顎先まで。。

ちなみに

ショートはどんな悩みでも対応できる万能な髪型です☆

「顔型」「骨格」「顔パーツ」などに一番対応できるのがショートヘアのいいところ( ̄▽ ̄)

本来の似合わせって髪型をつくることで顔を「黄金バランスにみせる」ってことなので5.5だろうが関係ないってこと、、

美容師ならこの意味わかるはず(´・_・`)

つまり

たぶん、、5.5理論のいいたかったことって5.5以下だったら「誰が切っても似合わせられる」ってことを言いたかっただけだと思います。。

ようは、「5.5以下の人は誰に切ってもらっても、どんなショートにしても似合うよ」ってことが言いたかっただけで、、

何かの間違で「5.5以下はショートが似合う」=「5.5以上はショートが似合わない」という、拡大解釈になってしまっただけ、、ということです(^_^;)

たぶん、、

  1. 2次情報で流した人が素人(美容師ではない)
  2. 間違って理解してしまった(伝わってしまった)
  3. 本質を理解していない美容師があまりにも多いのか

だと思います。

理解している美容師ならこの意味がわかると思います(^_^;)

というか、美容師が「5.5以上は似合いませんよ」なんて言ってないことを願いますw

よって

このフェイク情報でショートに出来ないと思ってしまった人。。

安心してください!

誰でもショートを楽しむことはできます(*^o^*)

豆知識

さきほど軽く触れましたが、美容師がいう「似合わせ」ってのは↓

「髪の毛を利用して黄金バランスにみせる」ってこと(^^)/

つまり、「小顔にみえる」や「似合ってる」とは「黄金比のバランス」に則ってるから。

しかし、黄金比どおりの人なんてほどんどいないわけです(^_^;)

だから、「髪型」「髪を利用して」黄金比にみせるようにしているのです☆

ようは、「目の錯覚」を利用しているってこと(*^o^*)

だって「目の位置」「鼻の位置」「口の位置」「顔型」など、変えれないですよね。。

だったら「髪の毛を含め顔型にしよう」「毛先をここに設定することで…」「段差をここに設定することで…」と工夫をする。

そうすることで、各顔パーツが黄金比の位置にみえるようになる。

つまり、目の錯覚ですね(>_<)

そういった工夫をすることが「似合わせ」ってことなんです( ̄▽ ̄)

以外と考えて髪型を作ってるでしょ(^_^;)

まとめ

5.5理論は「それに当てはまるんだったら誰でも似合うよ」ってことがいいたいだけ( ̄▽ ̄)

決して、それ以上は「ショートが似合わない」といっているのではない!!

だって、そのために似合わせがあるんだから(>_<)

その似合わせをするのに万能な髪型がショートなんです(*^o^*)

10年どんな時も縛っていた髪をばっさりショートにしてみた結果

ご予約やメッセージも受け付けています。

ブログを見たで、ご新規20%offさせて頂きます☆

問い合わせや、ご予約はLINEでも承ります!
LINEこちら↓
友だち追加
LINE ID @rxz5629x
LINEからの返事が無ければ受信出来てない場合があります。
その場合はお手数ですがお電話下さいm(__)m
お電話でのご予約はこちらから↓
TEL 090-1476-1956
メール↓
osa97ah@gmail.com
U I H 尾崎良太

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

117,264 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。