「毎日シャンプーしなくてもいい」に騙されるな!!

シャンプー・トリートメント

自称美容情報的な「記事」や「サイト」などに、「毎日シャンプーをしなくてもいい」ってみかけます(^^;)

ホントにそうなんでしょうか?

そして、その根拠はなんなのか?

今回はその辺りに迫っていきたいと思います(^^)/

 

毎日シャンプーしなくてもいいとされてる根拠

ネット記事を読んでみるとシャンプーしなくてもいい理由はざっくりこんな感じだ。

  1. そもそも毎日シャンプーをしている国は日本だけ
  2. シャンプーをすることで髪にダメージを与えてしまう
  3. 毎日は「洗う」「乾かす」が大変(めんどくさい)

と、このような理由があげている。

確かに「その通り」です。

でも、これは「本質としては大きくズレている」情報だ。

いわゆる「シャンプーを毎日しなくていい根拠になっていない」のです。

順を追って説明していきます。

シャンプーをする理由

これは「汚れを落とす」です。

もう、それに尽きるのですが、、

メインは「頭皮」の汚れになり、次に「髪」の汚れになります。

ポイントは「髪」がメインではなく「頭皮がメイン」ってところです( ̄▽ ̄)

なぜなら、頭皮を健康的にすることが、髪をキレイに保つことになるから。

それと、頭皮を洗っていたら髪もついでに洗ってることになりますよね(^^;)

髪の毛だけを洗うってことは無いと思います。

そもそも「頭皮の汚れってなに?」についてですが、これは「皮脂」になります。

では、なぜ皮脂を毎日落とさないといけないのか?

それは、皮脂をほかっておくと「過酸化脂質」に変わってしまうからです。

過酸化脂質

この「過酸化脂質」とは、けっこう厄介で、一度「皮脂」が→「過酸化脂質」に変わってしまうとシャンプーでは、なかなか落とせなくなります。

そして、この「過酸化脂質」はどんなデメリットがあるのかお話していきます。

  1. 毛穴を詰まらせる。よって→「抜け毛」「細毛」「白髪の促進」「ダメージしやすい髪になる」
  2. 頭皮トラブルを引き起こす。よって→「悪臭」「炎症」「かゆみ」「毛穴が広がる→頭皮が下がる→顔がたるむ」

「細部分裂の妨げ」「新陳代謝を悪くする」ぜーーんぶひっくるめて、「悪」でしかない(^^;)

これを踏まえて

毎日シャンプーをしているのは日本だけだから

「だから?」

それが毎日シャンプーしなくていい根拠にしている意味がわかりませんw

皮脂は24〜48時間以内に過酸化脂質に変わります。

つまり、過酸化脂質に変わる前に(24時間以内)洗うことが大事です。

髪にダメージを与える

生活しているだけで髪は傷みます。

ダメージの要因はそれだけじゃない。

そもそも、粗悪なシャンプーを使わず、いいシャンプーを使えばいい( ̄▽ ̄)

基本的に日本の美容室のシャンプーは毎日洗う前提で作られているので、「髪」にも「頭皮」にもやさしい。

毎日は「洗う」「乾かす」が大変(めんどくさい)

急に主観的意見w

まぁ、、気持ちはわかりますよ。

ただ、それも毎日シャンプーをしなくていい理由にはなりませんよね(^^;)

 

と、このようにフェイク情報には、「根拠」がそもそも「根拠」になっていないのです。

大事なのは「頭皮」であって「髪」ではないのです。

チラっと根拠の部分に触れましたが、ちゃんとお話しますね(>_<)

毎日シャンプーをしたほうがいい理由

過酸化脂質を未然に防ぐ。

もう、これが答えなんですが詳しく説明していきます。

さきほど、「過酸化脂質」によって起こるデメリットをお伝えしまた。

今度は「どうしたら過酸化脂質になるのか」「どれくらいでなるのか」をお伝えしていきます☆

過酸化脂質になる2つパターン

  1. 空気に触れて酸化する
  2. 体から出ている酵素と結びつき酸化する

基本的に一日生活していたら必ず皮脂は分泌されます。

その皮脂は空気に触れて5~6時間ほどで酸化し始め「24時間~48時間」で強力な過酸化脂質へと変貌します(゚Д゚;)

こうなると、シャンプーでも落としきれなくなるので注意!!

そうなるまえに、シャンプーして汚れを落とす必要がありますよね( ̄▽ ̄)

それが24時間以内!!

つまり、毎日シャンプーする必要があるのです。

「お湯で洗い流すだけでもいいんじゃないか」と思う方もいるかと思います。

それならそれで問題無いです。

そのかわり、皮脂は「あぶら」なので、しっかり洗い流さないと落ちません。

理由は「水」と「あぶら」は相性がわるいからです

でも、やっぱり「シャンプーのがおすすめ」なんですよね(´・ω・`)

なぜなら、髪は濡れるとものすごーーくデリケートになるんです、、

その状態から摩擦を減らす役割が「泡」になるので、「泡なし」と「泡あり」なら圧倒的に「泡あり」が髪にやさしいです。

もちろん、質のいいシャンプー剤の前提ですよ( ̄▽ ̄)

そもそも「粗悪なシャンプーでいいや」と思ってる方がこの記事を読まれないと思うので説明いらないと思いますがw

それと豆知識なんですが、シャンプーの平均回数について

  1. アメリカでは平均で2日に一回
  2. ヨーロッパでは4日~7日に一回

が、シャンプーの平均回数らしいですよ(^^;)

ちなみに、先進国の薄毛国ランキングは、、

  1. チェコ
  2. スペイン
  3. ドイツ
  4. フランス…アメリカ

14位に日本という順位

遺伝的な要素もありますが見事にヨーロッパ勢は上位にランクインしてますね(^^;)

最近アメリカでは2日に一回くらいになってきたみたい、、昔はもっと周期長めでしたけど(´・ω・`)

まとめ

結論シャンプーは毎日した方がいいです。

理由は「髪のダメージ」ではなく「頭皮」の問題。

その根源は「過酸化脂質」にある。

過酸化脂質は24時間〜48時間で強力な過酸化脂質へと変貌する。

一度、過酸化脂質になってしまった皮脂はシャンプーでは落とせなくなる。

よって、その前にシャンプーをする必要がある。

つまり、「毎日シャンプーはした方がいい」という結論になります( ̄▽ ̄)

 

シャンプーの記事は以前にも幾つか載せているのでご覧ください☆

そのシャンプー間違ってる~ホントの理由

 

ご予約やメッセージも受け付けています。

ブログを見たで、ご新規20%offさせて頂きます☆

問い合わせや、ご予約はLINEでも承ります!
LINEこちら↓
友だち追加
LINE ID @rxz5629x
LINEからの返事が無ければ受信出来てない場合があります。
その場合はお手数ですがお電話下さいm(__)m
お電話でのご予約はこちらから↓
TEL 090-1476-1956
メール↓
osa97ah@gmail.com
U I H 尾崎良太

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

97,760 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。