縮毛矯正をやめてショートへ

ショートヘア

こんにちは

名古屋 新栄

くせ毛を手なずけるショートカットが得意美容師の尾崎良太です。

 

ずっと縮毛矯正をしてきたけど、もう縮毛矯正をやめたいという方に向けて書かせていただきます。

 

まず、矯正をやめて髪の毛がいうこときくのか不安ですよね?

このお悩みはよく聞くのですが、縮毛矯正をやめるのであれば、ショートにすることをおススメします。

ショートはくせ毛にとって、とても相性がいいです。

今まではくせを伸ばすコトに必死になっていたと思いますが、ショートにすれば、そのくせを活かすコトが出来ます。

これは、ホントに重要な所なんですが、くせを活かすというコトは「ありのままの自分のくせ」を利用してスタイルを作るので毎日アイロンで伸ばしたり、ブローしたり面倒なコトは一切いらなくなります。

 

ストレスフリーになるんですよ( ̄▽ ̄)

 

だって、自分のくせという『素材』を活かしてデザインするわけなので、スタイリング剤をチャチャっとつければ、「はい完成!」となるのです。

なれれば、1分でセットするコトも可能に(*’▽’)

 

では、ロングで活かすコトは出来るのか?

これに関しては、YESとは言えないです。

なぜかというと、くせの特徴として、髪が長くなればなるだけ扱いづらくなっていくからです。

距離が増えれば、くせも広がりも大きく出てきます。

稀にロングでもスタイリング次第で扱いやすくなるコトもありますが、ほとんどの場合そうでないコトが多いです。

 

 

では、「ショートしてみよう」となると思いますが、1つ注意点があります(・_・)

それは、『カットで設定する長さの全てが、矯正毛でないコト』です。

そう、完全に自然体(くせ毛)でなければなりません。

ココに矯正毛が混ざると質感の違いにより、ケンカして上手く髪と馴染んでくれません(・・;)

 

せっかく扱いやすいようにするのにコレでは扱いづらくなってしまいます。

もし、縮毛矯正をやめて、くせを活かそうと思っている方は、まず矯正部分がなくなる長さまで伸ばしていきましょう!!

 

しかし、コレも稀に矯正毛が混ざっても何とかなる場合もあります。

くせを活かすというより、広がりを抑えるカットに切り替えるのですが、これは切ってみないとわからないので、あまり、おススメは出来ないです^^;

 

そんな一例をどうぞ!!

 

before

最初に写真をとり忘れてしまい濡れた状態ですが、矯正毛がまだ残っています。

 

 

after

質感の違いで変にボリュームが出てしまう所を極力抑え、なるべく馴染むようにカットしてみたところ

この様にまとまりました。

 

しかし、これは稀なコトだと思います。

出来れば全部くせの状態で切った方が断然馴染みもいいですし、くせ活かしたデザインになります。

 

「縮毛矯正をやめてショートへ」には、『まずその土台まで伸ばす必要がある』でした。

 

 

 

くせを手なずけるショートカットが得意美容師  素材デザイナー尾崎良太

 

ご予約やメッセージも受け付けています。

ブログを見たで、ご新規20%offさせて頂きます☆

問い合わせや、ご予約はLINEでも承ります!
LINEこちら↓
友だち追加
LINE ID @rxz5629x
LINEからの返事が無ければ受信出来てない場合があります。
その場合はお手数ですがお電話下さいm(__)m
お電話でのご予約はこちらから↓
TEL 090-1476-1956
メール↓
osa97ah@gmail.com

U I H  尾崎 良太

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

105,586 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。