2020年春夏トレンドカラーについて

豆知識・その他

2020年の春夏トレンドを僕なりにまとめてみた。

トレンドは、その年、国によって打ち出していく推しが多少変わってくる。

オリンピック開催国である日本では、スポーツテイストに寄せてくると予想ができる。

今季押さえておくべきカラーは、、

「ヒューマンレッド」

「クラシックブルー」

「パステルカラー」

「ベージュ」

「ホワイト」

ヒューマンレッド

日本流行色協会(JAFCA)では「赤」をテーマに打ち出してくる。

人間の豊かな感情や、オリンピックへの高揚感、エネルギッシュさをヒューマンレッドで表している。

そして、ホワイトも今季のトレンドに入っている。

「赤」と「白」の組み合わせは、まさに日本の国旗であり、日本を象徴するカラーともいえるのではないだろうか。

クラシックブルー

印刷物やアパレル製品など色見本を提供している PANTONE(パントン)社が2020年パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーとして「クラッシックブルー」を発表した。

カラーオブザイヤーは、カラーエキスパートが世界中のエンターテイメント、スポーツ、テクノロジー、アート、トラベル、ファッション、ライフスタイル、社会経済状況などを調査し、検討、分析を重ね決定している。

クラッシックブルーを、「落ち着き、信頼、つながりをもたらす安心感のある存在」と表現している。

今季の1番の注目カラーといってもいいだろう。

日本代表のユニホームとしても「青」はトレードカラーなので「クラッシックブルー」を使ってくるのではないだろうか。

パステルカラー・ベージュ・ホワイト

春色といえばパステルカラーを思い浮かべる。

2020年春夏コレクションでのキーワードが「サスティナブル」であった。

サスティナブル、自然という環境を意識したワードが注目された。

ここから各ブランドが環境問題に向き合い取り組む姿勢が伺える。

サスティナブルとは、「持続可能な」という意味だ。

春の代表的カラーはパステルカラーなのでサスティナブルといえるだろう。

そういう意味では「ベージュ」「ホワイト」は2019年秋冬からの継続として使うことができるので相性もいい。

そしてグラデーションとして捉えると、

  1. 春すぎまで→ベージュ
  2. 春すぎから夏→ホワイト

と徐々に薄めていくように考えれば分かりやすいだろう。

まとめ

2020年春夏のカラーを絞り僕なりにまとめてみた。

それが「ヒューマンレッド」「クラシックブルー」「パステル」「ベージュ」「ホワイト」である。

もちろん、他にも様々なテーマが存在するので絶対とはいえないが、これを覚えておけば大枠で外すことはないだろう。

さらにお洒落上級者は、もっとマニアックなトレントカラーをプラスして楽しむのもありだ。

ご予約・メッセージ・メニュー・料金

ご予約はコチラ↓

ご予約やメッセージ

料金・メニューはコチラ↓

メニュー・料金

ブログの更新情報を早く知りたい人は下記から「ツイッターフォロー・通知オン」に設定してください↓↓

UIH オサキ@くせ毛を活かす美容師

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

84,256 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。