こうやって似合う前髪を見つけてみた

髪型について

こうやって似合う前髪を見つけてみた

女性は前髪でガラリと雰囲気が変わる。

前髪「あり・なし」「オン眉」「眉下」「眉上」「ワイドバング」「シースルーバング」「うざバング」など、、様々な種類で変化を楽しむことができる。

今回は、「まゆ上ワイドバング」の印象について。

裏テーマをMさんの前髪説明書としてご紹介しよう。

まゆ上ワイドバングの特徴

まず、「まゆでの印象とはどんなものか」を考えてみよう。

特徴→キュート」「ポップ」「個性的という印象を出すことができる。

可愛いの中でも「キュート」よりの可愛い印象だ。

続いて、「ワイドバング」というと。

※ワイドバングとは、、幅が広い前髪のことを指す。

特徴→「モード感」「強い」「中性的」「お洒落」な印象を出すことができる。

このように1つ1つに特徴がある。

オンまゆワイドバングは、2つの特徴をミックスさせた複合的な印象になる。

今回の表現は「お洒落かわいい」で前髪をハックした。

なぜオンまゆワイドバングにしたのか

もちろん、「お洒落かわいい」にするのが目的なのだが、似合わなければ意味がない。

だが、Mさんには似合うと確信していたのだ。

では、なぜ似合うと確信していたのか説明しよう。

その前にまずBeforeをみてもらおう。

前髪が伸びた状態である。

まゆ上ワイドバングが似合う理由は2つ。

  1. 普遍的要素からの似合わせ
  2. キュートをお洒落に昇華させる

これだけ聞いても意味がわからないと思うので説明しよう。

①普遍的要素から考えてみよう

普遍的要素とは、、簡単に言えば→元々持っている印象のことだ。

これは人によって違う。

例えば、同じ赤色でも「鮮やかな真っ赤が似合う人」もいれば「薄オレンジを混ぜた赤が似合う人」もいる。

もしくは「赤紫が似合う人」もいる。

つまり、ここから元々持っている要素(印象)は人によって違うことがわかる

なぜなら、普遍的要素は」や「顔パーツ」「顔パーツの配置」「顔型などから判断できるので人に違うのは当然なのだ。

そしてMさんの普遍的要素に「可愛い・キュートの要素があることから、キュートの印象は似合うことがわかる

つまり、「まゆ上」は似合うのだ。

そんなまゆ上の特徴印象)は→「キュート」「ポップ」「個性的」。

この同調が似合わせだ。

続いて、、

②キュートをお洒落に昇華させる

ただ「可愛らしさだけ」を求めればそのままでいいのだが、「おしゃかわお洒落かわいい)」がテーマなのでもう一つ工夫が必要だ。

そこでワイドバングの特徴を使ってみよう。

ワイドバングには、→「モード感」「強い」「中性的」「お洒落」の要素が入っている。

既にお洒落の要素があるのだが、ここで面白いディスコードが入ってくるのでご紹介しよう。

先ほどのまゆ上で「キュート」の印象を使った。

ワイドで「強い」「中性的」の印象を使った。

ここで、「やさしい」と「強い」では真逆の印象を使っていることがわかる。

実は、この印象がかけ離れれば離れるほど、お洒落が洗練されていくのだ。

文字通り、不一致のことを→「ディスコード」という。

ディスコードは、→「洗練されたお洒落(クリエイティブ)」の印象を与える。

つまり、順番に説明すると、、①「キュート」を→「お洒落」に見せる特徴が入っている。

更にこの組み合わせには、、ディスコードになるので②お洒落を→「洗練させる効果」が生まれる。

補足でかなりマニアックな話になるが「お洒落」には3種類の昇華方法がある。

「①ボーイッシュにお洒落」と「②女性らしくお洒落」と「③中性的にお洒落(洗練された)」の3種類だ。

今回の内容は、少しバラしすぎたかもしれないが、、3種類の中の1つのテクニックなのだ。

多分、この話はほどんどの人が知らない話だろうw

そんなわけで、、通常はこんな感じ

耳掛けするだけで、また印象が変わる

アイテムでクリエイティブに

まとめ

前髪の変化で印象をガラっと変えることができる。

なぜなら、今回の記事の内容のように「前髪にはそれぞれの特徴」があり「普遍的要素からの似合わせ」など複合的に組み合わせられるからだ。

普段言語化されていない「それら」を言語化すると、、かなりマニアックな話になり説明も難しくなるので、こういったブログでたまに話ていこうと思う。。

簡単に似合わせカットというが、どこまでの美容師がここまで理解しているのか定かではない、、が、、感覚や嗅覚で理解していなくても表現できてしまう美容師も存在する。

似合わせって当たり前だが「その人が似合う」ってことだ。

もちろん「小顔にみせる」テクニックも含めだが、順番は「似合ってる」が先であり、その後に小顔効果が入ってくる

今回の例では普遍的要素(印象)からマッチングしているので似合わないはずがないのだ。

更に「お洒落にみせたり」「洗練させたり」は組み合わせによる。

つまり、Mさんで「まゆ上ワイドバング」にすると→「キュートを洗練されたお洒落」に昇華させることができる。

ちなみに、ワイドと言っても若干ビビり設定にしている。

内側の髪はフルワイド(ラウンド気味)で、、被さってくる髪(似合わせの髪)を若干長めラウンドでナチュラルに繋げている。攻めすぎず、、甘すぎずの絶妙ラインだw

予約・メッセージ・メニュー

ご予約はコチラ↓

ご予約やメッセージ

料金・メニューはコチラ↓

メニュー・料金

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

84,266 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。