なぜ色が抜けるとオレンジ・イエローっぽくなるの?

カラー

なぜ色が抜けるとオレンジ・イエローっぽくなるの?

それは髪の構造を知ればわかる。

やっぱり、オレンジ・イエローでギラつい色が嫌いな人は多い。

日本人は、髪を明るくするとメラニンの関係上このようになりやすい。

髪本来のメラニン自体が、このような特徴があるのでしょうが無いのである。

しかし、諦める必要は無い。

なぜなら、メラニンはカラーで壊しながら違う色味を入れることができるので、カラーを繰り返えす事で無くすことも変えることもできる。

もしかしたら、なんとなく聞いたことあるかも知れないが、、今回はそんな専門知識をわかりやすく伝えてみよう。

Before・after

その前に今回のカラーのBefore・afterをみていただこう。

Before

ハイライトが入っている為、「イエローの部分」と「オレンジの部分」が混在しているのが見てわかる。

このイエロー・オレンジを打ち消すカラーを重ねるとどうなるのかというと、、

after

完全にBeforeに見られた「オレンジ」「イエロー」が無くなったのがわかる。

コレは、元々持っているメラニンの色を分解しながら、違う色味を入れた事でこのように見えるのである。

では、なぜカラーが抜けるとオレンジっぽくなるのか?

それは、「髪の構造」を理解すればわかる。

髪の構造とは?

よく言われている「のり巻き」を想像するとわかりやすい。

のり巻きの「のりの部分」が→キューティクルだ。

キューティクルは、ウロコ状になっていて何枚も重なっている。

そして、「ご飯の部分」に「メラニン」や「髪の栄養素」が詰まっている。

因みに、キューティクルは「無色透明」なのだ。

皆さんが普段見ている髪の色は「ご飯の部分のメラニンのみ」の影響といえる。

補足で、このメラニンが0%になると白髪になる。

因みにメラニンは髪全体の4.5%くらいしか存在しない。

つまり、ご飯の部分のメラニンが色が全てを決めているわけだ。

ここまで、理解していただけたらカラーのお話に入ろう。

カラーのお話

カラーは先ほど述べたように「メラニンを分解する」と「色味を入れる」を同時進行でやっているのである。

つまりカラーのポイントは

  1. メラニンの分解
  2. 色味を入れる

の2つのポイントさえ抑えればいい。

多くの日本人のメラニン色素は「赤褐色」である。

逆に欧米人の多くに見られるメラニンは「黄赤色」である。

この違いが色の差として生まれる。

そして「赤褐色のメラニン」を分解すると「オレンジ・赤色」になるのだ

しかし、透明感のある薄い色にするには、分解は必須条件なのだ。

だが、このままではオレンジ」になってしまう。。

そこで色味を入れるのだが、何色を選ぶかは美容師によって違う。

そんな色選定によって「オレンジや赤」を打ち消し希望色にするのである。

ここから、カラーをすると髪の中には2つの色が入っているのがわかる。

  1. 元々持っているメラニン色素
  2. 人工的に入れた染料

問題は、なぜカラーして日が経つとオレンジっぽくなるのかだが、、

答えは簡単で、メラニン色素が残って染料が抜けたからである。

そして、こんな特徴もある。

  1. 元々あるメラニンは髪から出ていくことは無い
  2. 人工的に入れた染料は髪から抜け出てしまう

コレは、そういうものなのでしょうがない。。

だが、カラーを繰り返ていると「抜け出ない染料」が出てくる。

この染料が増える事で、徐々に日が経ってもオレンジっぽく見えない髪になるのである。

ここから何が言えるのかというと、カラーは「1回より2回、2回より3回」と繰り返せば繰り返すほど色味は定着することがわかる。

色味チェンジ

因みに、、抜け出なくなった染料もそれはそれで厄介なのだ。

メラニンは分解出来る」が、「染料は分解されにくい」という特徴があるからである。

色をガラッと変えた時に「色が入りにくい」と言われた経験は無いだろうか?

コレは、髪の中の「頑固な染料」が邪魔しているといえる。

つまり、「同じカラーを繰り返す」「濃い色味を入れた」次のカラーで色味をガラッと変える時、「色が入らない」もしくは「時間がかかる」とある程度覚悟して置いてもらいたいのだ。

とはいえ、もしご希望であれば全力で頑張るのだが…(>_<)

まとめ

なんか小難しい話になったが、、簡単に言えば「メラニン」と「染料」の違いだ

  1. メラニンは壊さない限り髪の中から出ていくことはない
  2. 逆に、人工的に入れた染料は髪から抜ける

染料が無くなるとメラニン色素だけが残る

キューティクルは無色透明だから、そのメラニンの色が髪色になる。

ちなみに、一番強いカラー剤を使っても「黄色っぽいオレンジまでしかメラニンを壊すことが出来ない(ブリーチを除いて)

だから、「カラーが抜けるとオレンジっぽくなる」というわけだ。

補足で、、「同じ色のカラーを繰り返すと髪から抜けない染料が出てくる

これが増えると、オレンジっぽさが無くなる。

予約・メッセージ

ご予約はコチラ↓

ご予約やメッセージ

料金・メニューはコチラ↓

メニュー・料金

UIH 尾崎良太

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

83,904 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。