パーマのカットと、くせ毛のカットは似ている!?☆

くせ毛カット

名古屋 新栄

くせ毛を手なずけるショートカットが

得意美容師の尾崎良太です!!

 

 

今回のテーマは「パーマのカットと、くせ毛のカットは似ている!?」です。

今回のお客様は、実は2週間前に他のお店でカットとパーマをされたばかりだった。

 

でも、ばっさりカットしたいとのこと。

 

考えられる理由はいくつかありますが、

今回は、パーマをかけてボァッと広がってしまうようになった。

 

要は髪のダメージが気になるってこと。

 

↑コレ結構多いですよね(^^;パーマ失敗パターン…。

 

それと就活を終えて夏だしイメチェンしてみたいってのもある。

 

それでショートにしたくなりご来店して頂きました。

 

他のお店でパーマしている髪をバッサリは正直難易度高めなんです。

 

なぜかと言うと、パーマ強さと、パーマのかけ始め部分が左右で違っていることが多いのです。

 

今回も例外ではなく、やはり違っていました。

 

この場合、単純に左右で同じ長さで切ってしまうと、左右で長さが違って見えます。

 

例えば、輪ゴムで考えてみます。

 

1つの輪ゴムはそのままで、

もう1つの輪ゴムをビヨ〜ンって伸ばして長さを揃えたとします。

 

伸ばして長さを揃えた方は手を離したら短くなりますよね。

 

例えがわかりにくいですか(^^;

 

コテの方がわかりやすいかも( ̄∀ ̄)

 

太いコテで巻いた時と、細いコテで巻いた時で、左右の長さは引っ張れば同じだけど、細い方で巻いた方が髪が短く見えますよね。

 

コレが起こるので単純に長さを揃えただけだと、ズレて見えるのです。

 

なので見た目で合わせて切っていかなければなりません。

 

コレはくせ毛のカットと同じになってきます。

 

くせ毛なんかは、左右どころか、場所が少しズレただけでもくせの強さは変わります。

 

その人のくせに合わせてカットをしていかないといけないので、通常カットより難易度が跳ね上がります(^^;

 

今回のロングの時に合わせたパーマだとバッサリ切ると当然見え方が変わります。

 

そして、パーマの強弱が左右で違っている場合、質感も違って見えてしまいます。

 

そこをこだわって切る美容師もいれば、そんな事までこだわらない美容師もいます。

 

僕のお客様はくせ毛の方が多いので、必然的にその人に合わせたカットになっていきます。

 

くせ毛のカットにマニアルがないので、独自に分析して対応しています。

 

そして、行き着いた答えがくせを活かすという事。

 

抑え込むのでは無く、くせ活かすコトが、その人の個性を活かすことに繋がります。

 

それこそが本来持っている、その人の魅力なのだから。

 

ハネるのが気になる?

 

ハネたっていいじゃないですか( ̄∀ ̄)

 

可愛くハネてたら、それはもう貴方だけのデザインです☆

 

くせによって丁度まとまる長さもあるかもしれないし、どこまで切ってもまとまらないかもしれません。

 

しかし、それをネガティブに考えるのでは無く、そんな髪質をどうしたら可愛く活かせるのか。

 

そこを考えた方が絶対人生楽しくなります☆

 

僕はくせ毛に自信を持ってもらいたいと思っていますし、くせ毛にしか出せない魅力って必ずあると思ってます!

 

そんな、その人ならではのくせ毛の良さを引き出すコトが僕の仕事でもあります。

 

打つ手はいくらでもあります。

 

実は、パーマもくせ毛も似ていて、違いは人工的にくせを作っているということ。

 

パーマのカットはくせ毛カットに似ています(^^)

 

一緒に髪型を楽しみましょう^ ^

 

最後にオサキ恒例行事。

 

自分で断髪式ですw

この笑顔の為に美容師をしているのかもしれません。

 

悩むより楽しい方が絶対いいですよね☆

 

 

ご予約やメッセージも受け付けています。

ブログを見たで、ご新規20%offさせて頂きます☆

問い合わせや、ご予約はLINEでも承ります!
LINEこちら↓
友だち追加
LINE ID @rxz5629x
LINEからの返事が無ければ受信出来てない場合があります。
その場合はお手数ですがお電話下さいm(__)m
お電話でのご予約はこちらから↓
TEL 090-1476-1956
ショートメールでも承ります

U I H  尾崎 良太

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

121,881 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。