銀閣寺と言われるゆえん

豆知識・その他

ぼやきシリーズです☆

金閣寺は見た目から金閣寺って感じである。

では、なぜ銀じゃないのに銀閣寺なのか?

銀閣寺は、本領を発揮する時があるのだ。

それが「満月の夜」だ。

銀閣の前に「銀沙灘(ぎんさだん)」という、白い盛り砂があり、それが満月の月光に照らされた時、家の中が白銀に照らされる。

また、足利義政は、月夜に二階に上り、庭を見下ろしていたとされる。

その光景が銀閣の世界とも言われている。

右下の池が月光に照らされ輝き、「月」と「大海」を演出する。

左に目を向けると、月光に照らされた銀沙灘が、大海のように光輝し、その手前の円錐型の上面が月光に照らされ満月を彷彿させる。

架空の「満月」「大海」だ。

すなはち、それは、、

右手に実際の「月」と「大海」を池が映し出す。

左手に、架空の「月」と「大海」を銀沙灘が演出する。

「実」と「虚」の対比世界を同時に魅せる世界観が銀閣の最大の魅力になる。

足利義政は、銀閣をこのように耽美な世界観で表現していたのだ。

この日本の美意識の極みこそ、銀ではない銀閣寺を銀閣寺と名付けたゆえんではないだろうか。

 

 

人気記事

くせ毛さんのお悩み

ご予約はコチラ↓

ご予約やメッセージ

料金・メニューはコチラ↓

メニュー・料金

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

63,067 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。