硬そうに見える髪の悩みについて

硬そうに見える髪の悩みについて。

髪が猫っ毛で悩まれてる方も多いですが、逆に硬いで悩まれてる方も実は結構多いのです。

このお悩みは、特に直毛の方に多い気がします。

僕も直毛で髪が硬いのでこの気持ちはよくわかります(^^;)

実際どんな髪なのかというと。

直毛で太い、直毛で細い、くせ毛で細い、くせ毛で太い。

はい、そうなんです!

細くても硬いということ(>_<)

僕みたいに直毛で太い方なんかは、髪が太いから硬いんだって思ってますよね?

驚きかも知れませんが、実は細くても硬い髪は存在するのです。

どういう事かと言うと秘密は、キューティクルにあります。

皆さんもキューティクルって聞いたことありますよね?

キューティクルは髪の鱗状のモノ。

魚の鱗を想像してもらえば分かりやすいと思います。

ここでピンッときた勘のいい方もいるんじゃないですか??

そう。この鱗の枚数が髪の硬いを決めている決定的なモノなのです。

髪が硬いというのは、キューティクル(鱗)枚数が多いということ。

メリットはダメージしにくい。

カラーにもパーマにも熱にも紫外線にも、キューティクルが少ないより圧倒的にダメージしにくいのです。

では、話を戻します。

柔らかく見せるにはどうすればいいの?

1つは、巻けばいいのです。

直線より曲線の方が柔らかく見えますよね?

幾重にも曲線が重なれば、人間の脳は「柔らかそう」と認識します。

ですので、パーマをかけてあげたり、コテで巻いてあげれば、柔らかな雰囲気を演出することが出来るのです。

いやいや待てよ。

くせ毛で硬い人はどうすればいいんだ??

2つ目が隙間を作ってあげる。

要は髪を梳いてあげる事です。

隙間を作ってあげれば、そこに光が入ります。

詰まった曲線より、光が透ける曲線のほうが柔らかく見えますよね^ ^

但し、くせ毛の方は注意が必要です!

なぜなら、くせ毛は単純に梳くと髪が広がり扱いづらくなります。

どこをどう梳くかによって、

扱いにくくも、扱いやすく柔らかく見せる事も出来るのです。

スタイリング剤も髪質によって大事になってきます。

このポイントを抑えれば、硬い髪のお悩みは解消されると思います(>_<)

まとめ。

  1. 髪を柔らかく見せるには、曲線を作る事。コテ巻きかパーマをかけてあげる。
  2. 隙間を作ってあげて透け感を出して上げる。カットの梳のテクニックが重要。

広がりやすく、硬い髪質のカットをしてみました。

来店時には縛ってたのでまとまってみえますが、乾かした直後は広がりやすいとの事でした。

どうでしょうか?

髪に隙間を作り、コテで巻いてみたら

こんな柔らかな雰囲気になります★

硬い髪を柔らかくする事は出来ません。

しかしその素材を活かし、柔らかな雰囲気を出す事は出来るのです。

髪の悩みは人それぞれありますよね(^^;)

色んな悩みを持たれてる方が多いので、これからもお悩みシリーズを書いていきます(>_<)

ご予約やメッセージも受け付けています。
問い合わせや、ご予約はLINEでも承ります!
LINEこちら↓
LINE ID @rxz5629x
LINEからの返事が無ければ受信出来てない場合があります。
その場合はお手数ですがお電話下さいm(__)m
お電話でのご予約はこちらから↓
TEL 090-1476-1956

U I H  尾崎 良太

 

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

105,108 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。