見えないものを信じる重要度

豆知識・その他

これをいうと、スピリチュアルと思う方もいるかもしれないが、全くそういった話ではない。

見えないものとは、、「物事の本質」「相手を思い遣る心」「想像すること」である。

物事の殆どは見えない所に本質がある。

光の当て方が重要である。

視座ともいえる。

視座は高いが正義ではない。

上下左右あらゆる角度から物事を見ることが重要である。

例えば、、

花というと「花」の部分に目がいくが、このキレイな花の「根っこ」の部分に目を向けてみると、そこには、ものすごく深く、そして力強く根が張られている。

この根(土台)がしっかりしているからこそ上部の花がキレイに咲くのである。

根っこの部分は、ものすごく泥臭く地味な成長の繰り返していることがわかる。

だから深くまで根が張られているのだ。

ここにキレイな花の本質がある。

例えば、、

やる気が出る言葉を投げかけてくれる人、背中を押してくれる人は、ものすごい膨大な知識や経験があるのに、みえているのは上澄みの1%に過ぎない。

つまり、1%アウトプットして、99%は見せていない。

ニセモノになると全ての知識をひけらかし悦になるのに対し、ホンモノは上積みの1%で勝負している。

しかし、その1%で人々の魂を奮い立たせるのだ。

これが私の知る本物である。

みえないところに本質は隠されている。

たまには、目えないものを想像すると人生は豊かになる。

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

285,219 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。