髪が伸びて「広がってきた時」の対処法

髪の毛広がる

髪が伸びて「広がってきた時」の対処法

次に美容室に行くまで期間があり、その間「量が増えて気になる」「量が増えて頭が大きくみえる」「広がる」といった、悩みをもったことはないだろうか。

そんな人に役立つ誰でも簡単にできる「対策」をお話していこうと思う。

これを応用すれば、日常のスタイリングにも使えるので、より、髪型を楽しむことができるはずだ。

特に用意するアイテムもないので今からすぐに試すことができる。

それでは、やり方を説明していこう。

やり方

まずハチ辺りを上下に分ける。

男性でいうところの「薄くなる所」通称Mハゲゾーンで真っ直ぐに分ければいい。

下の写真の要領だ。

大事なのは、手で取っている耳上の髪の毛である。

これを耳にかける。

あとは、分けとった上の髪を下ろして馴染ませるだけ。

ものすごく簡単なことだと思う。

慣れてきたら、いちいち上下分けとらなくてもできる様になる。

ちなみに分けとってない場合はこんな感じだ。

明らかにスッキリみえ「量感」が変わったのがわかる。

こんな感じで「中の髪」を耳掛けして「セルフ量感調整」をしてあげるといい。

今のはMAXでスッキリさせたが、「毛量」によって細かく調整してあげてもいいだろう。

例えば、、

「耳上の髪だけを耳掛けする」とか。。

鏡でみながら自分だけの丁度いい「量」を見つけてみるといいだろう。

調節するのは、この写真の髪の範囲であればバランスよく調節できる。

応用編

先ほどの「髪の範囲内」であればどれだけ耳掛けしても、髪型のバランスが変に崩れることがないので、普段でも使える。

例えば、、

  1. 今日は「中の全耳掛け」して「ハンサムショート」にしよう。
  2. 今日は「耳掛けなし」で丸みを出そう。
  3. 今日は「片耳掛け」だけして「アシメ」のショートを楽しもう。
  4. 量が増えてきたから、「中耳掛け」でスッキリ見せよう。

みたいに、やれることが増える。

更に、「アイロン」や「コテ」を使って「巻く」をすると選択できる幅も広がる。

ちなみに、耳の「サイズ」や「形」により、「耳掛け」してもすぐ取れてしまうのであれば、→「ピン」でとめておけば耳から外れることはないので、その場合「ピン」だけは必要アイテムになってくる。

まとめ

今回の記事の内容をみて「知ってた」「既にやってるよ」って人もいたかもしれない。

しかし、「被さってくる髪の範囲」や「耳にかけても髪型が崩れない範囲」を明確に知ったって人は少ないと思う。

髪型はバランスだ。

ポイントさえおさえておけば適当にやってもそれなりに形になる。

その大事なポイントが「被せる髪の範囲」「耳掛けしてもいい範囲だ。

ぜひ参考にしてみてはいかがだろいうか☆

ご予約・メッセージ・メニュー・料金

ご予約はコチラ↓

ご予約やメッセージ

料金・メニューはコチラ↓

メニュー・料金

ブログの更新情報を早く知りたい人は下記から「ツイッターフォロー・通知オン」に設定してください↓↓

UIH オサキ@くせ毛を活かす美容師

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

63,511 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。