「似合わせってなんだろう」についてお話します

髪型について

今回は、僕がどのように似合わせの診断しているかのお話をしていきます。

 

大枠3つ大事なポイントがあります。

 

①素材診断

これは、普遍的要素ともいっていますが、「髪質」「骨格」「顔型」「顔パーツ」など、基本的に変わらないものから診断していきます。

 

それをもとに、9種類のカテゴリの中から似合わせジャンルを決めます。

 

②変動的要素の診断

これは、ファッションやメイクみたいな、「マイブーム」だったり、「トレンド」や「好きなもの」から診断していきます。

 

「色」や「素材」「形」など、ついつい選んでしまうもの、、手にとってしまうものってありますよね( ̄▽ ̄)

 

なにげなく選んでいるものって、好きなジャンルを無意識に判別しているんです。

 

それらをもとに、9種類のジャンルの中から1つ選びます。

 

 

はい。。ここから重要なポイントです( ̄▽ ̄)

 

 

①から1ジャンル、②から1ジャンル選ばれましたよね(^^;)?

 

この2つをごっちゃにして考えず別にすることがポイントなんです。

 

そうすることで、本来のジャンルがわかるのと、、好きなジャンルが明確にわかります。

 

その2つをみて髪型をどっちにするのか一緒に決めていきます。

 

例えば

「素材」がキュート・ポップのジャンルだったとします。

イメージしやすいように、E-girlsのあみさんはこのジャンルです。

 

そして、、

好きなジャンル(ファッションやメイク、色など)が「エアリー・ピュア」だったとします。

 

 

 

これもわかりやすく、ピュアのジャンルには有村架純さんが当てはまります。

 

 

この場合、「素材」に合わせて髪型を決めてもいいですし、好きなジャンル「ファッションやメイク」に合わせて髪型を決めてもいいと思います。

 

この場合、例外を除いて、、どっちでもフィットするので、僕は一緒にカウンセリングしながら決めていきます(^^)

 

例外というのは本来の素材(①)と相性の悪い変動的要素(②)の時です。

 

芸能人でも「急に可愛くなった」とか「なんか今の雰囲気微妙だな」って思うことありますよね(^^;)

 

それは、まさに相性の悪い選択をしてしまっているからです。

 

逆にいえば、そこさえおさえておけばいいってこと( ̄▽ ̄)

 

 

①の場合は、普遍的要素なのでほぼ一生変わらない要素です。

 

しかし②の場合は、その時代や環境でコロコロ変わる可能性がある要素です。

 

なので②であわせる場合は注意が必要ですね(^^;)

 

 

そして、これらは髪型だけではなく、パーマやカラーも一緒に表現してあげることで、より洗練されていきます。

 

どのジャンルかで似合うカラーがあり、似合うカールがあるのです。

 

それらすべてが揃ってホントの意味の似合わせが完成するんじゃないでしょうか?

 

もちろん、くせ毛でも同じです。

 

難しいようで、実はシンプルなのです。

 

 

そして最後のポイントですが、長くなってしまったので次回紹介していきますね。。

 

 

追記しました。

「似合わせってなんだろう」続編

 

 

 

 

ちょっと面白いメニュー【一日一名限定】通常¥6800を信用0円~ショートカット☆もありますw

興味あればどうぞ( ̄▽ ̄)

 

ご予約やメッセージも受け付けています。

ブログを見たで、ご新規20%offさせて頂きます☆

問い合わせや、ご予約はLINEでも承ります!
LINEこちら↓
友だち追加
LINE ID @rxz5629x
LINEからの返事が無ければ受信出来てない場合があります。
その場合はお手数ですがお電話下さいm(__)m
お電話でのご予約はこちらから↓
TEL 090-1476-1956
メール↓
osa97ah@gmail.com

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

121,629 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事