デザインを洗練させる。

くせ毛カット

デザインの可能性は無限にある。

 

例えば、僕が手がけている似合わせには9つのカテゴリに当てはめて似合わせを作っている。

 

コレは、普遍的要素、素材をもとに判断している。

 

普遍的とは、目の形や骨格、顔型、身長etc

整形や人工的処置を施さない限り変わることのないその人の個性のコトを指します。

 

しかし、これには欠点があります。

 

それは、変動的要素の対応を入れていないということ。

 

つまり、ファッションやメイク、憧れの人など、その時の気分で変わる変動的要素のこと。

 

美容師はこの2つを理解してデザインに落とし込まなければならない。

 

それで、重要なのは皆さんの担当している美容師さんが、「どこに注目してデザインを決めているのか」ってコトです。

 

僕が思うにこの部分は、美容師の「センス」つまり感性といって片付けられているということ。

 

これいったら、怒られますが、、ぶっちゃけほとんどの美容師は「感度の低い感覚派」です。

 

これ以上の説明は不要だと思いますのでご想像に任せます。

 

そこで、普遍的要素と変動的要素の融合。

 

これを僕は「素材とデザイン」で表現しています。

それが「素材デザイナー」です。

 

デザインや素材単体では「有限」ですが、その組み合わせにより「デザインは無限」の可能性を秘めていることになります。

 

そんな一例をご覧ください。

 

 

このキレイな方も僕のお客様ですが、このデザインには秘密があります。

 

それは、普遍的要素は、とても「ピュア」で「クリア」な素材の持ち主なんですが、僕はそこにさなる洗練さを加えていこうと考えたのです。

 

その時、使った秘密はギャップです。

 

つまり、このギャップの振り幅が大きければ、大きいほど「お洒落」で洗練されるデザインに変化するのです。

 

「ピュア」と反対に位置する「魅惑的な」要素をデザインに落とし込みました。

 

これは、お洒落上級者の技で、俗にいう「ハズシ」です。

 

お洒落の方法はたくさんありますが、今回はこちらを採用してデザインに落とし込んでいきました。

 

この方法は、上級者に施します。

 

まず、どうしたらいいか分からい方は「普遍的要素」からドンピシャなデザインを楽しむコトをおススメします。

 

そんな自分に慣れてから次のフェーズへとステップを踏んでもらいたいですね( ̄▽ ̄)

 

皆さんがデザインを楽しみ、人生を豊かにするキッカケになればと思っています。

 

最後に最近買った「自撮り棒をどうしても使わせて」という僕の要望に快く答えて下さいましたw

 

ありがとうございます(^_-)-☆

 

 

 

 

ご予約やメッセージも受け付けています。

ブログを見たで、ご新規20%offさせて頂きます☆

問い合わせや、ご予約はLINEでも承ります!
LINEこちら↓
友だち追加
LINE ID @rxz5629x
LINEからの返事が無ければ受信出来てない場合があります。
その場合はお手数ですがお電話下さいm(__)m
お電話でのご予約はこちらから↓
TEL 090-1476-1956
メール↓
osa97ah@gmail.com

U I H  尾崎 良太

くせを手なずけるショートカットが得意美容師 尾崎良太

105,108 views

信頼できる美容師との出会いで、人生の景色が変わると信じています。 深く関われるご縁は限られますが、お客様と共に人生を豊かにしていきたいと強く思っています。 ...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。